マンションの構造

マンションはコンクリートに囲まれた空間です。
マンションのつくりは大雑把に言えば、床の下地を作りフローリングをはる。この際には防振動、防音のシステムを施している場合が多くなってきています。そこから断熱材をいれて壁や天井を作り、壁紙を貼り、間仕切りのために壁を立て部屋を作ります。各部屋の機能にあわせた備品を入れて完成します。

各種の制限

一戸建ての住宅と違って基礎という部分を心配する必要はありません。当然のことですが、巨大な水槽のような常識を外れたような重量のものを入れることはできませんが。

マンションリフォーム構造上の制限のためリフォームができない箇所や方法もあります。もっとも分かりやすいのは壁や床に穴をあけるようなリフォームはできません。これはエアコンを新設したいがための比較的小形の穴、この程度のことでも基本的にはできません。
その他、構造上でリフォームの際に問題となる可能性があるところは水周りの移動です。キッチン、バス、トイレなどがありますが、新しいマンションの場合は比較的可能な工事が多いのですが、古いマンションの場合、上下水道配管構造によっては止めたほうが無難という構造をもったマンションもあります。
また、トイレに関しても配管が特殊な構造になっているケースが多く、難しい工事になりますので、避けたほうがいいでしょう。

平面的な空間であることは如何ともしがたいことです。上下の部屋を購入したからといって、天井に穴をあけたり、外部階段をつけたりなんてことは絶対できません。そのために高さをどのように利用するかによって、立体的な空間にすることはできます。特に子供部屋等は天井までの高さを上手く区切ることで新しいスペースを作り出すことができます。

このような発想豊かな専門家にリフォームを依頼することもコンクリートに囲まれた限定された空間を効率よく快適な住空間に変えるためには重要なことです。

共用部という概念

集団住宅であるマンションはたとえ、その部屋は自分の所有物でも一歩外へ出れば、明確に専有部分と共用部分に分かれます。そのために自分の部屋の一部と思いがちな箇所でも勝手にリフォームできないこともあります。基本的にサッシや玄関ドアなどの外の空間に面している部分は気をつけたほうがいいでしょう。
また、集合住宅であるために管理組合等が定めている、そのマンション特有の決まり事があることも多々あります。そのためにできないリフォームもありますので、まずは管理組合にお伺いをたてることが最初に行なうことです。

マンションリフォーム両隣り、上下の部屋が接しているが故にトラブルになることもあります。工事に関しては細心の心配りが必要になります。

ページトップ